01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
              

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真央ちゃんは最終滑走!

全日本選手権ショートの滑走順が出ました。

第85回全日本選手権大会

真央ちゃんは30番、最終滑走です!最後までドキドキですね。全日本で真央ちゃんの笑顔が見られますように!!


浅田真央、3回転ジャンプを何度も着氷

 フィギュアスケートの全日本選手権は22日、男子、女子の選手が公式練習に臨んだ。今季は左膝痛などもあってジャンプが決まらず、もがき苦しんできた浅田真央(中京大)。公式練習では3回転ジャンプを何度も着氷し、復調の兆しを見せた。「グランプリシリーズが終わって1週間くらい休んでしっかり治した。今シーズンで一番調子のいい状態なので大丈夫」。不安を拭い去って今大会を迎えた。

 今季はこれまで封印していたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)にも4度挑んだ。きれいに成功はさせられなかったが「全日本では跳ぼうかなと思って練習してきている。明日、明後日と練習して1回でも跳べたら入れていきたい」と意欲的だ。

 11月のフランス杯でGPシリーズの自己ワーストとなる9位に終わった後、「去年も今年も悩むところがあって、一度心が折れたりもした」とも明かしたが、今は全日本だけに全ての力を注ぐ。「SP、フリーとノーミス(の演技を)することが目標」。今季最高の演技を誓った。
(12月22日 毎日新聞)


3796.jpg

3798.jpg

3800.jpg

3801.jpg




住友生命さんが、「好きこそ、無敵。」写真投稿キャンペーンで集まった写真で、真央ちゃんのモザイクアートを制作してくれました!すごいですね!

住友生命保険相互会社

こんばんは♪Facebook担当のしずかです。
「好きこそ、無敵。」写真投稿キャンペーンで皆さまに投稿いただいたお写真でモザイクアートを制作しました(^^)皆さまの「好きこそ、無敵。」がつまったポスターは浅田選手にお渡しする予定です!明日の全日本選手権で真央スマイルが見れますように☆
たくさんの投稿ありがとうございました!!


3799.jpg




浅田真央、全日本選手権で復調Vなるか?
フィギュア人生を支える“矜持”とは


 12月24日に行われる全日本フィギュアスケート選手権(大阪府門真市・東和薬品RACTABドーム)女子SPに、14回目の全日本出場となる浅田真央(26)が復調をかけて臨む。

 全日本選手権では、優勝6回、2004~2013年までは10年連続表彰台。競技復帰した昨季も3位で表彰台にカムバックした。日本フィギュアスケート、世界の女子シングルのセンターを11シーズン張ってきた浅田だが、今回の全日本は、母を亡くした直後に迎えた2011年大会同様に厳しい戦いとなるだろう。しかし同時に、浅田の矜持が光る時でもある。

 代名詞の3アクセル(3回転半ジャンプ)は、浅田の矜持であり女子フィギュアの誇りだ。身長163cmの浅田は、小柄な男子選手ほどの体格があるが、もちろん筋力は男子選手よりもない。体が大きくなればそれだけ体は重く、コントロールはしづらくなる。女子アスリートのフィジカルで、小さくない体を制御し男子アスリートの技を見せる、それが浅田の3アクセルだ。その究極に無駄のないフォームは、少年期の羽生結弦ら日本の男子選手の手本にもなっていた。今季は怪我の影響もあり3アクセルを構成していないが、練習でも時間を割かれるこの大技に、浅田が現在まで取り組み続けていること自体に価値がある。

 怪我や私的な問題を言い訳にせず競技と向かい合う、その姿勢もまた浅田の矜持である。2011年全日本選手権の2週間前、当時21歳で母を亡くした浅田に対し、報道が過熱していた。佐藤信夫コーチや同門の小塚崇彦氏も浅田を気遣い、報道陣に対し配慮を求めた。それでもなお、浅田から母の死に関するコメントを引き出そうとする質問は繰り返された。浅田は「母」の言葉を一切口にせず、報道陣に対し真摯に、いつもと変わらず穏やかに応対していた。当時大きく報道されることのなかった浅田の矜持は、5回目の全日本優勝として表出した。

 ロシア女子と並んで熾烈な日本女子の戦いのなかでは、全日本の表彰台に上ることは難しい。今大会は、浅田の2014年世界選手権での総合得点の自己ベスト(216.69)を先のISU・グランプリファイナルで上回った(218.33)、全日本2連覇中の宮原知子(19)を筆頭に、ジャンプの得点で浅田をしのぐ若手が結集した。ここで上位進出しなければ、四大陸選手権や世界選手権の日本代表を逃すことになる。だが浅田には、ジャンプの得点を補う演技構成点のアドバンテージもある。ソチ五輪フリーのような矜持を見せられるか。長く大きく光り輝いてきた浅田真央の競技人生は、私達の人生も照らしてきた。浅田の大一番が再び私達を鼓舞させるだろう。
(2016/12/22 dot.)


3802.jpg






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Author:pipi-piyo
フィギュアスケートの浅田真央選手を応援しています。
スケート等のニュースの他、旅行写真も紹介予定です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。