01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
              

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真央ちゃん前日公式練習

フィンランディア杯の前日の公式練習が行われました。
ニュースで少しだけフリープログラムの練習の様子が流れました。カッコいい感じのプログラムです!


前日練習/ 新FSを公開

(動画お借りします)



浅田真央 今季初戦前に公式練習「まずまずかな」

 フィギュアスケートの元世界女王、浅田真央(中京大)が5日、今季初戦のフィンランディア杯の開幕を翌日に控えて公式練習に臨み、「まだ体が自然に動いていない感じだったけど、まずまずかな」と語った。

 「今回は、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は入れない予定」と話した通り、練習リンクでの調整では代名詞のジャンプは跳ばなかったが、3回転ジャンプやスピンを入念に確認した。

 フリーの曲をかけた練習では、本番同様のプログラムを滑った。連続ジャンプでミスが出る場面もあったが「こういうときもあるので、受け止めながら。本番はやるしかないので、しっかり滑りたい」と表情を引き締めた。(共同)
(.2016年10月5日 23:36 スポニチ)




浅田真央、今季は「マオペース」で 初戦はトリプルアクセル回避へ

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央(26)=中京大=が4日、今季初戦となるフィンランディア杯(6日開幕・エスポー)に向けて、成田空港からフィンランドへ出発した。挑戦を明言した18年平昌五輪のプレシーズン。例年よりもスロー調整であることを明かし、マイペースならぬ「マオペース」でシーズンに臨む意向を示した。

 柔らかく、明るい表情で、真央が今季への意気込みを語った。「いよいよ始まるなという気持ちです」。10月に入り、フィギュアシーズンが本格開幕。国内外のライバルたちが順調な仕上がりを見せているが、真央はあえてゆったりと余裕を持った調整で進んでいる。「仕上がりは、いつもの初戦よりもちょっと遅れてる。トリプルアクセルも今回は入れないと思います。確率が上がってから入れたい」と、初戦は代名詞の大技も回避することを明かした。

 1年の休養を経て復帰した昨季は、シーズン初戦のジャパンオープンでいきなりトリプルアクセルに成功。フリーで自己ベストに近い点を叩きだした。続くGP初戦の中国杯でも優勝した。ただその後は、疲れも出てややスランプに陥った。今季の大目標はあくまで五輪の国別出場枠が懸かる来年3月の世界選手権(ヘルシンキ)。「いつも通りが一番。自分のペース、マオペースでいきたい」と笑顔で話し、長いシーズンを見据えた。

 初戦にフィンランディア杯を選んだのも、今後を考えてのこと。「(世界ランクの)ポイントももらえるし、SPとフリーがあってコンパクトな試合。エキシビションもないので、体力的にも楽かなと。色んな面を考えて選びました」。今季のプログラムはSP、フリーともファリャ作曲の「リチュアルダンス」。「SPとフリー合わせて、1つの内容になっている」という意欲作の公式戦初披露に「同じ曲だけど、SPとフリーでまったく違う感じになっていて、私も気に入ってます。ジャンプの失敗はあるかもしれないけど、しっかり演技してどこまで評価してもらえるか」と、胸を弾ませた。

 「自分が今、どういう位置にいるのか確かめて、次に繋げていきたい」。いよいよ始まる真央の季節。まずしっかりと、確かな一歩を刻む。
(2016.10.5 デイリースポーツ)




マイペースならぬ「真央ペース」初戦3回転半回避

 フィギュアスケート女子の浅田真央(26=中京大)が4日、今季初戦のフィンランディア杯(6日開幕、フィンランド・エスポー)出場のため成田空港から出発した。今季のテーマにマイペースならぬ“マオペース”を掲げ、まだ調整途上のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は6日のショートプログラム(SP)、7日のフリーともに回避する予定。焦ることなく、18年平昌五輪のプレシーズンの第一歩を刻む。

 9月25日に26歳になった。女子フィギュアではベテランの浅田は、自分の進むべき道を知っている。「いつも通りが一番。自分のペースで、“マオペース”でいきたいと思います」。今季初戦のフィンランディア杯を間近に控えても、過度の高ぶりはない。「いよいよ始まるんだなって気持ちはあります。自分ができることをやりたい」と柔らかな笑みを浮かべた。

 シーズンの入り方は、スケーターによってさまざまだ。男子の羽生は初戦から世界初の4回転ループに挑戦した。浅田は現在のコンディションを冷静に見極め、代名詞のトリプルアクセルを回避する方針。「まだ入れられない。まだまだ(練習を)やっていない。確率が上がってから入れていきたい」。GPシリーズ・スケートアメリカ(21日開幕、シカゴ)での大技解禁を見据え、まずは表現力で勝負する。

 これまでフリーのみで争うジャパン・オープンが初戦になることが多かったが、今季はフィンランディア杯を選択。14―15年シーズンを休養したことで世界ランクは現在28位。世界選手権などの滑走順に影響する世界ランクのポイントを積み上げることが狙いだ。「ポイントももらえるし、SPもフリーもある」。今大会はエキシビションが行われないため、体への負担も通常の大会よりも少ない。

 今季はSP、フリーともにスペインの作曲家・ファリャの「リチュアルダンス」で舞う。「同じ曲で滑るけど、全く違う感じになっている。SPもフリーも凄く気に入っている。どこまで評価してもらえて、自分がどのへんにいるのかを確かめたい」。最大目標の18年平昌五輪につながる重要なシーズン。浅田が焦らず無理せず、“マオペース”で始動する。
(2016年10月5日 スポニチ)


3489-.jpg



ヘルシンキワールドのtwitter より
3491.jpg


3490.jpg






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Author:pipi-piyo
フィギュアスケートの浅田真央選手を応援しています。
スケート等のニュースの他、旅行写真も紹介予定です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。