10
2
3
5
7
9
13
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
30
   
               

スケートアメリカ観戦(3)

試合が終わった直後は、総合順位が6位だったので、エキシには出られないのかなーと思うと気分が落ち込んでしまいました。膝を痛めているので真央ちゃんを休ませてあげたいという気持ちと、せっかくここまで来たから真央ちゃんのエキシを観たい、世界中の人達にあの素晴らしいプログラムを観てもらいたいという気持ちで複雑でした。
真央ちゃんがエキシに招待されたと分かった時は、やはりテンションが上がりました。

真央ちゃん膝の状態はどうかな、落ち込んでないかなと心配でしたが、練習の時から笑顔で楽しそうに他の選手とお話したりしていて、安心しました。

RIMG2641.jpg

RIMG2662.jpg


真央ちゃんのチェロスイートの美しさといったら・・・神々しくて、天使のようで、うっとり見とれてしまいます。自分の国語力がなさすぎて、上手くは言葉には言い表せません。

RIMG2676.jpg


エキシビションフィナーレの様子です。写真がブレブレですが、真央ちゃんの楽しそうな笑顔が見られて嬉しかったです。

RIMG2685.jpg

RIMG2696.jpg


次のフランス大会でも、ぜひ現地の人達にこの演技を披露してほしいです。
膝の状態が悪いなかでも欠場せず試合にもエキシにも出て、素敵な演技を見せてくれた真央ちゃんに感謝です!!はるばるアメリカまで観戦に行って良かったな~と思いました。そして、真央ちゃんを見る度に応援する気持ちが強くなっていきます。
真央ちゃん、お疲れ様でした!素敵な演技をありがとう






スポンサーサイト



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

スケートアメリカ観戦(2)

久しぶりの試合観戦は緊張しました。
アメリカでも真央ちゃんの人気は凄かったです。真央ちゃんの名前がコールされると大歓声でした。本当に日本だけでなく世界中から愛されているな~と感じました。

ショートはノーミスの素晴らしい演技!!でもせっかく良い演技をしても、真央ちゃんはいつも点数を下げられますね。回転が足りているジャンプを無理やり回転不足判定にしてまで...クソジャッジにはもううんざりです。

演技後はスタオベと拍手をしつつ、「GO MAO」バナーを掲げたりと、忙しかったです。
試合中は演技に集中したいので、6分間練習の時に少し写真を撮りました。デジカメではあまり画質の良い写真は撮れませんね。

RIMG2532.jpg


フリーも前半は良い感じでしたが、後半のジャンプが決まりませんでした。練習で成功していたジャンプが本番で入らなかったのは、真央ちゃんも悔しかったんじゃないかなと思います。

でもショート、フリーを通して、真央ちゃんの演技は他の選手とは段違いの美しさでした。全然レベルが違うな~と思います。指先の動きまでしなやかで、迫力のあるステップの動きも滑らかです。雑な所が全くなく、どこを切り取っても美しいんです。
あのPCSの低さには怒りがこみ上げてきます。特にショートはノーミスだったのに...真央ちゃんには9点代を出さないルールでもあるんですか?

RIMG2604.jpg


次の大会では3-3や2A-3T、3連続も決まるといいなぁと思います。真央ちゃんの3連続が一番好きです。流れが止まってしまう2Tとは違って、真央ちゃんが跳ぶ2Loの3連続ジャンプは本当に美しいです。練習ではタノ付きで綺麗に決めていました。


RIMG2615.jpg

会場モニターの選手プロフィールに使われる写真は、選手によっては写真のチョイスが酷いものもあったんですが、真央ちゃんは昨シーズンの蝶々夫人の写真でした。真央ちゃんの笑顔が可愛い





スケートアメリカ観戦(1)

スケートアメリカの観戦に行ってきました。
今シーズンの真央ちゃんの試合を生で観ることができて、良かったです!
日本では見られない公式練習も見に行きました。約30分の練習の間、ひたすら真央ちゃんを見続けることができて幸せでした。
真央ちゃんはウォームアップの動きから美しいんです。

RIMG2553.jpg

RIMG2560.jpg

RIMG2507.jpg

RIMG2492.jpg

RIMG2493.jpg

RIMG2495.jpg


日本とは違って、写真撮影も可能(フラッシュは禁止)なんですが、動いているところを撮るのは難しかったです。

シカゴのシアーズセンターアリーナです。
RIMG2522.jpg

RIMG2477.jpg

RIMG2584.jpg


大会期間中、天気が良く、行きの飛行機からの景色が綺麗でした。

RIMG2412.jpg

RIMG2420.jpg






テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

真央ちゃんの今季プログラムについてのインタビュー

真央ちゃんの今シーズンのプログラムについて、ローリー・ニコルさんと真央ちゃんのインタビューです。

(動画お借りします)



今週スケートアメリカの観戦に行きます。海外旅行は久しぶりで少し不安もありますが、現地で真央ちゃんの演技を観るのが楽しみです。


Inside Skating に真央ちゃんのプログラムについて記事が載っていました。

Intriguing and addictive: Mao Asada’s programs for this season

長い英文記事なのでなかなか読めません。時間がある時にゆっくり調べながら読んでみたいです。

twitter より

















フィンランディア杯真央ちゃんのフリー演技の画像集です。

3570.jpg

3571.jpg

3572.jpg

3573.jpg

3574.jpg

3575.jpg

3576.jpg

3577.jpg

3578.jpg

3579.jpg

3580.jpg

3581.jpg

3582.jpg

3583.jpg

3584.jpg

3504.jpg

3585.jpg

3586.jpg

3587.jpg

3588.jpg

3589.jpg

3590.jpg

3591.jpg

3592.jpg

3593.jpg

3594.jpg

3595.jpg

3596.jpg

3597.jpg

3598.jpg

3599.jpg

3600.jpg

3601.jpg

3602.jpg

3603.jpg

3604.jpg

3605.jpg

3606.jpg

3607.jpg

3608.jpg

3609.jpg

3610.jpg

3611.jpg

3612.jpg

3613.jpg

3614.jpg

3615.jpg


3616.jpg

3617.jpg


3618.jpg

3619.jpg

3620.jpg

3621.jpg

3622.jpg

3623.jpg






フィンランディア杯真央ちゃんSP画像集

フィンランディア杯の前に出ていた Ice Network の記事です。
この記事の中に、真央ちゃんの今季のプログラムについて書かれてあります。

(一部抜粋)
Ladies, pairs ready to light up the ice at Finlandia

After Wednesday's practice session, Asada said that even though the triple axel is important, she feels she doesn't need to do it at this competition.

Instead, the three-time world champion was eager to talk about her new programs. Interestingly, Asada's short program and free skate have the same music, "Ritual Fire Dance" played by Arthur Rubinstein. This unusual decision was made after a conversation with her choreographer, Lori Nichol.

"In the short program, my costume is black, and I express a black swan that turns into a mysterious lady with magical power, a witch. In the long program, that mysterious lady does a passionate dance, very intense and feminine, wearing a red costume," the 26-year-old Asada said. "I want to express a mature lady, something that I couldn't do in the past and what the younger skaters cannot do."



ショートプログラムでは黒鳥が魔術によってミステリアスな女性に変わる様子を表現し、フリーではその女性が情熱的に踊るということで、ショート・フリー合わせて一つの作品になっているんですね。
今シーズンのプログラム、エキシも含めて全部好きです。真央ちゃんが現役を続けてくれたおかげで、こうして素敵なプログラムを見る楽しみができて、本当にありがたいです。

真央ちゃんのショートプログラム画像集です。

3523.jpg

3524.jpg

3525.jpg

3526.jpg

3527.jpg

3528.jpg

3529.jpg

3530.jpg

3531.jpg

3532.jpg

3533.jpg

3534.jpg

3535.jpg

3536.jpg

3537.jpg

3538.jpg

3539.jpg

3540.jpg

3541.jpg

3542.jpg

3543.jpg

3544.jpg

3545.jpg

3546.jpg

3547.jpg

3548.jpg

3549.jpg

3550.jpg

3551.jpg

3552.jpg

3553.jpg

3554.jpg

3555.jpg

3556.jpg

3557.jpg

3558.jpg

3559.jpg

3560.jpg

3561.jpg

3562.jpg

3563.jpg

3564.jpg

3567.jpg

3565.jpg

3566.jpg


3568.jpg






テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

佐藤コーチが語る真央ちゃんの現状

真央ちゃんの今の状態について、佐藤コーチのインタビューが記事になっています。
昨シーズン痛めた左膝が回復していない、でも完全に休むことはできず、「だましだまし」の状態だということです。
心配です...ベストなコンディションで試合に臨ませてあげたいです。真央ちゃんの怪我が早く回復することを祈っています。



アクセルはどうなる…コーチが語る浅田真央のいま

 フィギュアスケートは10月21日からグランプリ(GP)シリーズが始まり、浅田真央(中京大)はいきなり、第1戦のスケートアメリカに登場する。10月初旬のフィンランディア杯で2位になった浅田は日本に寄らずフィンランドから北米に直行、現地で練習を続けている。浅田自身は言い訳をしなかったが、佐藤信夫コーチは日本に帰国後、「昨シーズンに痛めた左膝がまだ回復していない」と明らかにした。現状はどうなのか。今季の戦い方は。佐藤コーチに聞いた。

 トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)にこだわりが強い浅田も、今回のフィンランディア杯の前には「回避」を公言していた。背景には、左膝の痛みがあったわけだ。

 「大会本番だからどうということではなくて、練習の段階で、それ以上やったらまた逆戻りしてしまうというギリギリのところにいた。気持ちはもうちょっとやりたいのだけれど、頑張らないように、そっと置いておかないといけない状況だった」

 フィンランディア杯は大きな大会ではない。GPシリーズも、全日本選手権や世界選手権に比べれば「絶対」ではないはず。「休む」という選択肢はなかったのだろうか。

 「本当のことを言えば、完全に休むのが一番いい。でも、そういうことができる年齢(26歳)でもないだろうし。休んだら、ほぼ終わりになっちゃうんじゃないかな、とも思う。そうなってくると『だましだましで』ということ。現状はそういう状態。本人も出たいという気持ちが強い。本人が納得できるように、本人の意志を大切にしている」

 男子では、4回転のループ、フリップなど高難度のジャンプが次々に達成されている。一方、現在の女子では、トリプルアクセルが最高難度のままだ。せっかく浅田が持っている最高技術を今季は見られないのだろうか。

 「練習ではやっていて、それを見ていると、全く可能性がないわけじゃない。膝の痛みが消えれば当然やるし、時々、わずかしか見ないが、決して悪いものではない。ちょっとだけ(足りない)回転を求めればいい、という状態にはあるが、その残りのちょっとを今求めると、(けがの状態が)逆戻りしてしまう可能性がないとはいえない。だから、どうしていいか、今は答えを見いだせない」

 トリプルアクセルは不発でも、最近の浅田は表現力が評価されている。佐藤コーチはもともと、個々の要素より、全体の流れを重視するタイプだ。そうした指導は得意なはずで、けがが悪化しない限り、十分に戦っていけるのではないだろうか。

 「ジャッジの判断基準がすべて点数化されることによって、今までの我々の持っていた感覚とは違う方向にいっている。何をやったから何点、何をやったから何点。そうすると全体の流れを見て、『トータル的に見て、やっぱりこっちかな』という判断はできない。自分の考え方を変えないといけないが、決して変わっていない。自分の理想は自分の理想として失いたくない。(その考え方は)彼女も理解している」

 「彼女のうまさは半端ではない。スケーティングも昨年に比べて、まだまだうまくなっている。でも、フィギュアスケートはスポーツ。若い人の勢いが意味をなさないとなると、そういうスポーツは絶対に廃れる。若い人には勢いがある。そことどう戦っていくか。それ以上でもないし、それ以下でもない」


 少し前まで、浅田はまさに、「勢い」の象徴だった。立場が逆転したということだろう。最後に、スケートアメリカでは、浅田に何を求めるのか。

 「ここだ、というのではなくて、我々が心の中で描いている『フィギュアスケートってこうだろう』というものをちゃんとやってくれれば。それが一番いいと思う」
(2016年10月14日 06時00分 読売新聞)


3569.jpg



「彼女のうまさは半端ではない。スケーティングも昨年に比べて、まだまだうまくなっている」という言葉が印象的です。それが点数として評価されないのが悲しいです。
インタビューの中にある「何をやったから何点」を公平に採点してくれれば良いけれど、フィギュアの採点は「誰がやったから何点」という感じです。今のジャッジには白けてしまって、真央ちゃんが引退したらもう試合を見ることはなくなるだろうなと思います...真央ちゃんが最後まで悔いのない競技生活を送れることを祈るばかりです。


住友生命さんの真央ちゃん応援プロジェクト対談、最終回です!

住友生命保険相互会社

こんばんは♪Facebook担当のしずかです。

「好きこそ、無敵。」CMに込めた想いや、今シーズンの浅田真央選手の応援にかける意気込みを、当社応援プロジェクト事務局担当者(藤本、伊藤)による対談(前中後篇)でお届けします。本日は最終回・後篇です!

(伊藤)今回のCMは住友生命のこれまでの応援CMと少しトーンが違いますよね。これは先ほども話があった札幌での全日本選手権をはじめとする、昨年の浅田選手の姿というか佇まいがCM企画の背景にあるんですよね。

(藤本)そうですね。この浅田選手のプロジェクトのキーワードはいつも「応援」なんですが、その応援の意味が少しずつ進化してきていると思います。もともと住友生命がこのプロジェクトを始めたのは、商品やサービスの宣伝のためではありませんでした。住友生命が長年取り組んできた社会貢献活動の大きな流れの中で、「世の中の願いを集めて、夢の実現に向けて世界で戦う浅田選手を応援しよう」という色彩でした。それが世の中の人々を勇気付ける大きな力になるという想いからです。ちょうど2013-2014シーズンに制作したCMで就活生が「私は貴女みたいに世界の舞台で戦えるわけじゃないけど、私も頑張ります」という想いを綴っていましたが、まさに「自分たちとは別次元の舞台にいる世界の真央ちゃん、強い真央ちゃん、憧れの真央ちゃんと一緒に夢を見たい」。そんな想いを集めた応援プロジェクトでした。

(伊藤)一年間の休養期間となった2014年は「今度は世の中の皆さんへの感謝の想いを込めて、真央さんと一緒に世の中の人々、特に同世代の若者を応援しよう」という形に変化しましたよね。

(藤本)はい。そして今、ふたたび「応援」の意味を進化させる時が来たように感じています。これまでの遥か高みにいるスーパースターに向けた応援というよりも、自分たちと同じように日々の生活のふとしたことに喜び、感動し、時に悩み、苦しみ、迷い。でも何があっても、どんな時でも最後には立ち上がり、前に向かって進もうとする。そんな浅田選手の姿に自分自身を重ね合わせる。うまく言えないのですが、そういう「等身大」というか「自分事」としての応援にしたいなと願っています。

(伊藤)だからこそ、浅田選手を応援する言葉は、どこか遠い世界に向けた言葉ではなく、自分自身の内面から湧き上がり、自分自身に向けた応援の言葉でもある。そんな世の中の想いを形にしたのが「好きこそ、無敵。」というメッセージでした。

(藤本)「私を強くするもの」「浅田真央と僕たちの一度きりの冬が来る」「君といた冬を忘れない」「これで終わりじゃない。はじまりなんだ」今までのCMのメッセージはどれも大好きなんですが、今回のメッセージには特別な思い入れがあります。

(伊藤)この私たちの想いに、浅田選手はまっすぐに応えて下さいました。撮影当日、衣装に着替えてリンクに降りられた時は何と言うか、オーラがすごかったですし、カメラをまっすぐに見つめるまなざしの強さに鳥肌が立ちました。監督がOKを出した後も、「もう一度やり直していいですか?」「次はもっと強い演技をしてみます」と何度も氷上に立つ浅田選手から、自分の演技を通じて想いを届けたい、というお気持ちが伝わってきました。実は、このCMには別バージョンがあるんですよね。私たちはA篇、B篇と呼んでいるんですが、もう一つのバージョンもまたいつか公開できればいいなと思っています。

(藤本)皆さま、楽しみにして頂ければと思います。それから浅田選手に皆さんの想いを届けるキャンペーン、ぜひ多くの方にご参加頂きたいと願っています。TwitterとInstagramでやってますのでよろしくお願いいたします。






住友生命さん、真央ちゃん応援プロジェクトについて対談

住友生命さんのfacebook で、新CM「好きこそ、無敵。」に込めた想いや、今シーズンの真央ちゃんの応援にかける意気込みについての対談(前中後篇)が紹介されています。


住友生命保険相互会社

☆'・:*浅田真央選手、2位入賞おめでとうございます!'・:*

浅田真央選手が、今シーズン初戦のフィンランディア杯、2位で表彰台に上られました。真央さん、本当におめでとうございます!ご入賞の選手の皆様もおめでとうございました。
ショートプログラムのラストのポーズから始まるフリーの情熱的な滑りにしびれました。「赤真央」さんの衣装もステップも本当に素敵でした。
住友生命は「好きこそ、無敵。」の想いを込めて、これからも浅田真央選手を全力で応援します。全国のファンの皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。
真央さんにとって今シーズンが素晴らしい年になりますように!

◇◇◇◇◇◇
浅田選手の姿勢を表現した「好きこそ、無敵。」新CMにちなんで、皆さんの「前向きになれる好きだから続けていること」の写真を大募集中です。一人ひとりの意思はなによりも一人ひとりのチカラになるはず。投稿いただいた写真は浅田選手へ応援メッセージとしてお届けします。

http://www.sumitomolife.co.jp/asada/sukimuteki/



住友生命保険相互会社

こんばんは♪Facebook担当のしずかです。

「好きこそ、無敵。」CMに込めた想いや、今シーズンの浅田真央選手の応援にかける意気込みを、当社応援プロジェクト事務局担当者(藤本、伊藤)による対談(前中後篇)でお届けします。本日は前篇です!

(伊藤)ついに「好きこそ、無敵。」CMテレビオンエア、キャンペーンが始まりましたね!初めて関わらせて頂いたCMでしたので、感激もひとしおです。

(藤本)住友生命ではこれまで21本の浅田選手のCMを制作してます。毎回初オンエアの時はドキドキするんですけど、同時にご覧いただいた皆さまの応援の言葉に感激したり、想いが伝わっているんだなあと実感したり、本当にありがたいなあとしみじみ感じます。振返ると最初のCMは2012年シーズンの中国杯の放映時に初オンエアしました。ちょうど、住友生命東京本社の大会議室で浅田選手の初戦を応援しよう、ということで観戦応援会を開催していて、200人くらい集まったんじゃないでしょうか。たしか浅田選手の出番の前にCMが流れた時、大歓声と拍手が起きたのをよく覚えています。その後、浅田選手の素晴らしい演技で会場中大喜びだったんですが、私はファンの皆さまの温かいつぶやきを拝見していたので、泣き笑い状態でした。

(伊藤)それわかります!浅田選手のファンの方々の声が励みというか支えになりますよね。もちろん、その声は浅田選手への言葉ですから、私たちにとっても励みになるというと、ちょっとおこがましいんですけど…。でも、そういう応援の声は何よりも浅田選手の力になると思うので、しっかりとお届けしたいですよね。浅田選手もインタビューで応援の声が本当に力になる、嬉しいと答えてくださってましたので。

(藤本)そうそう、でも試合会場で演技前に大声で応援するのって、結構勇気いりますよ。特に会場で圧倒的に少数派の男性陣にとっては中々大変なんです。「真央ちゃん頑張れ」を野太い声で言うと違和感ありそうだし、「真央さん~」は言いにくいし。一度思わず「真央がんばれ!」と声を出してしまったんですが、後から反省しました。世界的アスリートを呼び捨てにしてしまった…とひそかに落ち込みました。

(伊藤)…気持ちは伝わったと思いますけど…。
明日は、中篇です!お楽しみに(*^_^*)




住友生命保険相互会社

こんばんは♪Facebook担当のしずかです。

「好きこそ、無敵。」CMに込めた想いや、今シーズンの浅田真央選手の応援にかける意気込みを、当社応援プロジェクト事務局担当者(藤本、伊藤)による対談(前中後篇)でお届けします。本日は中篇です!

(藤本)住友生命では、これまで色々な形で応援メッセージをお届けするということを続けてきたんですが、今回はちょっと違った形での応援キャンペーンになりましたよね。

(伊藤)はい。今回はあなたにとっての「好きこそ、無敵。」なことを写真で応募していただくという方式です。皆さんにとって「これがあるから前を向いて進める!」という「好きなもの、好きなこと」を写真に託していただければと思います。その思いを集めて浅田選手にお届けします。言葉ではなくても、皆さんの想いはすごく伝わると思います。それに一人ひとりのまっすぐな想いは私たち一人ひとりにとっても力になると思うんです。

(藤本)そうですね。言葉でなくても想いは伝わると思います。去年の全日本選手権の演技前も、会場全員が祈るような気持ちで見つめていた時、一瞬完全な静寂が訪れましたよね。あの瞬間、声援はなかったけど、みんなの気持ちが絶対に伝わったし、浅田選手を後押しする力になったと思います。

(伊藤)今回のキャンペーンではプレゼントのひとつの浅田選手のポスターがすごく素敵なものが出来上がりました。デジタル全盛のこの時代ですが、今回はCMもスチールもあえてデジタルではなくアナログのカメラにこだわりました。おかげで、同じ黒でも、すごく深みのある色が出てますし、奥行きというか味わいのある写真に仕上がってますよね。まあ実は一眼レフも持ってないカメラの素人なので、偉そうなことは言えないんですが…。でも映像・カメラのクリエイティブスタッフが素晴らしい方々ばかりでしたので、すごく素敵なポスターになったと思います。

(藤本)残念ながら毎回私が提案している「浅田真央選手応援専用座布団」は今回も不採用でしたけど。

(伊藤)それ何ですか?

(藤本)以前もお話ししたんですが、我が家では浅田選手の出番になるとテレビ前に家族3人で正座して祈りながら見ているんですね。でも板張りで足が痛くなるんで、3人並んで正座できる座布団があればなあと。それで喜びすぎてバンザイした時に後ろに倒れたりするんで、転倒防止の背面ストッパー付きとかだとさらにいいですよね。たぶん日本全国でそういうご家庭が多いと思いますので、ニーズあると思うんですけど…。

(伊藤)…そろそろCMの話にしましょうか。今回のCMでは「好きこそ、無敵。」という強いメッセージが核になっています。このコピーをみた瞬間、制作スタッフはもちろんですけど、住友生命のスタッフも全員、「これしかない!」となりましたよね。これは、まさに浅田選手の率直な想いであると同時に、時に迷い、悩み、苦しむことがあっても、一歩一歩前に進もうとしている人たち、世の中全体に向けた言葉だと感じました。すごく好きな言葉です。
明日は最終回!「CMにこめた想い」をお届けします!




私の家でも真央ちゃんの出番になると家族揃って祈りながら応援しています。本当にそんな人達が日本中にたくさんいると思います!

3521.jpg

3522.jpg










アルソアさんの真央ちゃんへのあたたかい応援ページ

アルソアさんの公式サイトで、真央ちゃん2016-2017応援ページが公開されました!

3506.jpg

https://www.arsoa.co.jp/mao_support2017/

真央ちゃんへのあたたかいメッセージが込められた動画が見られます。

3507.jpg

3508.jpg

3509.jpg

3510.jpg

3511.jpg

3512.jpg

3513.jpg

3514.jpg

3515.jpg

3516.jpg

3517.jpg

3518.jpg

3519.jpg


アルソアさん、真央ちゃんへの応援とサポートをありがとうございます!

3520.png






真央ちゃんフィンランディア杯お疲れ様でした!

真央ちゃんの初戦フィンランディア杯が終わりました。
初披露のフリープログラムもすごく良かったです!印象的な振付がたくさんありました。
ショートの最後とフリーの最初のポーズがつながっているんですね~。

3497.jpg

3498.jpg

後半の3Sを降りた後の振付がフラメンコっぽくて良いですね。練習では降りた直後にツイズルも入れていたそうです。
最後のステップがカッコいいです!
あっという間に終わってしまいますね。
早くテレビの大画面で見たいです。テレビ放送は、10/15(土)BS朝日で12:00~です。

フィンランディア杯2016 リザルト


「失敗次に生かす」=浅田、ミス多かった初戦
-フィギュア・フィンランディア


 浅田は腰に手を当て、ふうっと息を吐いた。表情に満足感はなく、暫定2位の合計得点を確認すると、納得したようにうなずいた。「ぽろぽろミスがあったし、最後までスタミナがあったわけでもない。もう少し、滑り込みが必要と感じた」。調整不足で迎えた今季初戦で課題を再確認した。
 初披露となったフリーは、SPと同じ「リチュアルダンス」の曲。真っ赤な衣装で情熱的な女性をイメージして踊った。中盤では手拍子も湧いて盛り上がったが、本人は「表現の部分や目線などで余裕がなかった」。
 後半の3連続ジャンプが乱れて2回転の単発となり、スピンやステップでは最高難度のレベル4を取りこぼした箇所も。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を外した構成とはいえ、ミスを抑えれば逆転優勝は十分に可能だっただけに、「思うような滑りができていない」と反省した。
 平昌五輪に備える大事なシーズン。「失敗を次に生かしたい。この試合に出てよかった」。次にすべきことを早速イメージしていた。(エスポー時事)(2016/10/08-09:26)


3505.jpg



「失敗を次に生かしたい。この試合に出てよかった」と前向きなコメントが素晴らしいです。悔しい部分もあったかと思いますが、表彰式などでは真央ちゃんの笑顔が見られて嬉しかったです。真央ちゃん可愛いですね♪

3499.jpg

3500.jpg

3501.jpg

3502.jpg

3503.jpg






上の動画は映像と音声が少しずれていますが、こちらの動画は音ずれなしで別アングルです。

(動画お借りします)



【フィンランディア杯】今季初戦2位・浅田真央
魅せた艶技で平昌五輪へ視界良好


【フィンランド・エスポー7日(日本時間8日)発】フィギュアスケートの国際大会「フィンランディア杯」の女子フリーが行われ、前日のショートプログラム(SP)2位の浅田真央(26=中京大)は121・29点で、合計186・16点の2位に終わった。調整中のためトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を封印して臨んだ今季初戦。惜しくも逆転優勝はならなかったものの、リニューアルした華麗な大人の演技を披露し、2018年の平昌五輪に向け完全復活を予感させる好スタートを切った。

 真央は少し緊張した表情でリンク中央に立つと、SPのフィニッシュポーズからフリーの演技を開始した。何度も披露しているSPとは違いフリーは初実戦。それでも伸びやかな滑りで冒頭のダブルアクセルを成功させると、観客席から大きな拍手と歓声が巻き起こった。

 今季の真央はSPとフリーでスペインの作曲家ファリャの「リチュアルダンス」を使用するプログラム。SPは黒の衣装で「ミステリアス」(真央)な演技を見せ、この日は「情熱的にやりたい」と、真っ赤なドレスで登場。SPではピアノ演奏だったものを、この日はオーケストラバージョンでメリハリをつけ、2日間の演技で一つのストーリーを表現してみせた。

 ただ、3回転ルッツはエッジエラーで減点。後半の3回転フリップは不発で2回転と、ジャンプに関しては精度を欠く部分があった。まだまだ滑り込みが足りず、スピンやステップも「完璧」とはいえなかった。しかし、それでもスピード感のあるスケーティング、体全体を大きく使った流れるような表現力など、円熟味を増した真央らしい滑りで約4分間の演技を終えた。

 キスアンドクライに入ると、ようやく笑みを浮かべて手を振った。注目の得点が出ると、のぞき込むようにスコアを確認し、2度うなずいた。真央は「フリーは初めて滑ったせいか、余裕がない感じがあった。試合勘が薄れていく中で本番の緊張感もあり、うまくコントロールできない部分もあった」と振り返った。

 技術点(TES)はジャンプミスなどが響いて56・08点でこの日、優勝したケイトリン・オズモンド(20=カナダ)の60・59点に次ぐ2位。演技構成点(PCS)は65・21点で貫禄のトップ。オズモンドに3・26差をつけた。ミスは出たものの、トリプルアクセルを封印して臨んだ現状では、まずまずのデキといえる。

 復帰2シーズン目で新プログラムでの初戦。SP3位のオズモンドに逆転されて優勝こそ逃したものの、平昌五輪に向けライバルとなるロシア勢のなかでも昨季の世界選手権銅メダリスト、アンナ・ポゴリラヤ(18)に競り勝ったのは、ジャンプミスがあった中でも大きな成果といえるだろう。

 特に代名詞のトリプルアクセルを使わずに互角に戦えたのは収穫だ。今後のグランプリ(GP)シリーズを前に、真央は「まだまだ滑り込みが必要。練習を積んで追い込んでいけば、いろんな感覚は自然に出てくるもの。失敗は次に生かしたい」と巻き返しを誓った。元世界女王は完全復活への確かな手応えをつかんだようだ。

 またフィンランディア杯で今季初戦を終えた真央の次戦は、GPシリーズ初戦のスケートアメリカ(21日開幕、シカゴ)の予定。その後はGPのフランス杯(11月11日開幕、パリ)に臨み、成績次第でGPファイナル(12月8日開幕、フランス・マルセイユ)に進む。

 年内最終戦は全日本選手権(12月22日開幕、大阪)を予定している。年が明けてからは、四大陸選手権(2017年2月15日~、韓国・江陵)、世界選手権(同3月29日~、フィンランド・ヘルシンキ)などへの出場が見込まれている。
(2016年10月08日 16時30分 東スポ)


3504.jpg



真央ちゃんは膝を痛めているようです。帰国した佐藤コーチが明かしてくれました。真央ちゃんは一切言い訳をしないので...
心配です。真央ちゃんは長年高難度ジャンプに挑戦し続けていて、体への負担も大きいと思います。
日本には帰国せず、ローリー・ニコルさんのいるカナダで体に無理のない振り付けに変更する予定だそうです。その後、そのままスケートアメリカに臨むとの事です。


真央、左膝痛抱えていた…佐藤コーチ「悪くならないようにしている」

 今季初戦のフィンランディア杯を2位で終えたフィギュアスケート元世界女王の浅田真央(26)=中京大=が左膝に痛みを抱えたまま新シーズンを戦っていることが9日、分かった。この日帰国した佐藤信夫コーチ(74)が明らかにした。代名詞の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)をGPシリーズでも封印したまま戦う可能性が浮上した。

 「脚を痛めているので、悪くならないようにしている。昨シーズンから痛みが続いている」と佐藤氏。左膝は年明けに痛めた箇所で、3月の世界選手権ではアイシングを施しながら戦っていた。トリプルアクセルについては「やろうとすると、やはりそれなりの練習が必要になる。なるべく控えめにという感じでやっている。気持ちははやるかもしれないけど、焦らせないようにしないといけない。今はマイペースで進めるしかない」と話した。

 GPシリーズ初戦のスケートアメリカは2週後、11月にはフランス杯が控える。左膝の痛みとつきあいながら戦うことになりそうだ。「体に無理がかからないようにと考えると、あのよう(なプログラム)になる。とにかくもう1回(いい)滑りができるようにしていきましょうと話している」。真央はフィンランドから直接カナダへ移動。振付師とともにプログラムに修正を加えながら、調整していく。
(2016年10月10日6時0分 スポーツ報知)






10/8 から2日間、長野県に旅行に行ってきました。戸隠神社で、真央ちゃんの足腰の状態が良くなるよう念じておきました。
パワースポットだそうで、いい雰囲気の所でした。
天候には恵まれませんでしたが、紅葉ときれいな夕焼けが見られました。

RIMG2274.jpg

RIMG2283.jpg

RIMG2333.jpg

RIMG2336.jpg

RIMG2349.jpg






テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

真央ちゃん、素敵なショートプログラムでした♪

フィンランディア杯真央ちゃんのショートプログラム、素敵でした!
THE ICE の時と少し振付が変わっていましたね。
佐藤コーチによると、体調が万全ではないそうなので、少し心配です...怪我などしませんように。

今日から旅行の予定があるので2日ほど真央ちゃんの情報を追えません。フリーがどうなるか気になります。良い演技で笑顔で終えられますように!!


(動画お借りします)




フィンランディア杯 浅田、初戦SP2位

 【エスポー(フィンランド)共同】フィギュアスケートのフィンランディア杯は6日、フィンランドのエスポーで行われ、今季初戦に臨んだ浅田真央(中京大)は、女子ショートプログラム(SP)で64・87点の2位だった。

 昨季の世界選手権3位のアンナ・ポゴリラヤ(ロシア)が69・50点で首位。

 浅田は代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を当初からの予定通り跳ばなかったが、連続ジャンプやステップなど、他の要素はほとんどミスなくまとめて、最後まで滑りきった。

7日にはフリーの演技が行われる。

「自分のすべて出せた」

 滑り終わると、ほっとしたような笑みがこぼれた。浅田は今季初戦のSPを終え、首位と4・63点差の2位。「今の状況、調子の中で自分ができるすべてを出せた。今回の試合の目的を、一つは達成できた」と自らの演技に及第点を付けた。

 「初戦だったので、緊張感はあった」と明かす。「その中でも、自分が予定していたエレメンツ(要素)はまずまず」と語ったように、中盤の3回転ループで着氷がわずかに乱れた以外は、大きなミスなくまとめた。

 小学3年生以来というフィンランドでも、浅田の知名度は抜群。選手紹介から大歓声を浴びた。「すごく激しくて複雑なので、一つ間違えると転んでしまう」という終盤のステップで演技を締めくくると、大きな拍手が送られた。「黒い鳥、ミステリアスな魔術師をイメージしている」というSPの演技。「リチュアルダンス」のピアノの調べに乗ってその世界観を存分に表現し、観客を引き込んだ。

 フリーではアレンジの違う、同じ曲で演技する。「初めてお披露目するし、衣装も初めて着て滑るので。自分でもすごく楽しみ」と目を輝かせた。
(毎日新聞2016年10月7日)


3497.jpg



Inside Skating のtwitter より






テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Author:pipi-piyo
フィギュアスケートの浅田真央選手を応援しています。
スケート等のニュースの他、旅行写真も紹介予定です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR