08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
              

「やっぱり真央ちゃん」なシーズン 大人っぽく進化

昨日真央ちゃんを貶める記事を出した週刊女性PRIMEが、今日は某男子選手について「不調は喘息の発作が原因か」という記事を出していました。真央ちゃんを貶める一方で、他選手の不調は持病があるからと擁護。気持ち悪いです。

(記事の一部)
「カナダ大会は持病である喘息の発作が出て、かなり体調がよくなかったようです」

負けても「喘息で~」と擁護してもらえる選手はいいですね。真央ちゃんなら2位でも惨敗と叩かれますよ。
この記事内でも真央ちゃんについて「ルッツの踏切違反など不安材料が~」と相変わらずネガティブなことを書いています。それなら他の選手のエッジエラー(判定で見逃されているものも含めて)についても指摘してほしいですね。


気分直しに温かい記事を...
真央ちゃんに関する部分のみ抜粋します。

「やっぱり真央ちゃん」なシーズン 大人っぽく進化
プロスケーター 太田由希奈


 フィギュアスケートの2015~16年シーズンが開幕して2カ月余り、グランプリ(GP)シリーズも残すところ、NHK杯(長野、27~29日)のみになった。五輪の中間年に当たるシーズンは、選手は勝負に徹するというより、冒険的なプログラムを試すことが多い。そのような選手の挑戦が、ファンを楽しませてくれる。「今季は浅田真央選手(中京大、25)につきるのでは」と、プロスケーターの太田由希奈さんは話す。

 「お帰りなさい」と万感の思いで言いたくなるような、浅田選手の演技だった。11月上旬のGP中国杯。「ああ、やっぱり才能あるな」と思った。そこに努力が重なり、1年の休養がいい形で心の栄養になって、動きが非常に大人っぽい。グレードアップして戻ってきた。周囲の若い選手の中で、いっそう洗練された雰囲気が際立つのかもしれない。「充実した練習を積み、良い指導を受けている」と感じられた。


2213.jpg

■25歳浅田、年齢と上手に付き合う

 佐藤信夫コーチに師事して4年余り、エッジの一番良い部分に乗るコツをつかみ切っているのだろう。自然に優雅に滑っていてもグングン進む。スケートはエッジに正しく乗るだけで、信じられないようなパワーが生まれるものなのだ。時々、新横浜のスケートリンクで練習を見る機会がある。3回転フリップ―3回転ループの連続ジャンプも安定してきっちり跳べていたから、調子は上がっているとは思っていたが、GP中国杯の演技は本当に素晴らしかった。

 今は得点アップのために難しい入り方をしてジャンプする傾向にあるが、浅田選手は割とシンプルに跳ぶ。これがとても自然できれいだ。佐藤コーチの指導のもと、玄人受けする滑りをしている。若い選手たちはパワーで押していく感じがあるので、見ている私まで思わず力んでしまうことがある。今の浅田選手は滑るにしても、踊るにしても、理にかなった動きをしているので、見る側にストレスを感じさせない。

 彼女が中学生の頃、私も全日本選手権で同じ試合に出場した。「のびやかに滑る選手、すばらしいな」と思った。ただ浅田選手が20歳ごろ、心も身体も大人になっていく過渡期に、自分のスケートスタイルを試行錯誤しているような時期もあった。さらに時が過ぎ、浅田選手は今25歳。体力面を危ぶむ声もあるが、体の変化に慣れて、食生活や休養を上手にコントロールできているようだ。無駄なエネルギーを使わず、年齢と上手にお付き合いをしている感じがする。

 正直、今のルールでは、細くて体重が軽い選手が有利な面は否めない。スピンは速く回れるし、難易度の高いジャンプも軽々跳べる。となると、今の女子フィギュアスケートは、「10代の体」向きのルールになっている部分はある。加えて、若い選手には無限の体力があり、全力疾走で最後までプログラムを滑り切ってしまう。

 女子フィギュア界では、20代半ばになるとベテランといわれる。他の競技なら今から満開を迎える、といった年齢であるのに。その点、浅田選手は自分としっかり向き合えている。25歳だからこそ醸し出せる円熟味が加わり、大人のスケーターとして新たなスタートを切った。


2310.jpg

■人を動かす力持っているのも強み

 真央ちゃんを見たい――。そんなファンの熱い思いが14年ソチ冬季五輪の前、浅田選手の肩に重くのし掛かっていると思った。ところが今は、注目も期待も上手に受け止めている。本人はスケートが大好きで滑りたくて仕方がなく、多くのファンはなお真央ちゃんを見たいと思っている。一方で、浅田選手を支えたいと思う人が周囲にいる。それらの力がうまくかみ合っている。そのような選手は珍しいのではないだろうか。人を動かす力を持っているのも、浅田選手の強みだろう。






にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ネガティブキャンペーンにうんざり

また、鬱陶しい記事が出ていました。
真央ちゃんほど自国のマスゴミに貶められている選手はいません。
バカバカしい週刊誌の記事なので、普段フィギュアを見ていたら騙される人はいないと思いますが。あまりフィギュアを見ない人達は真央ちゃんに対するマイナスイメージを持ってしまうかも...そう思うと腹立たしいです。

完全復活の浅田真央 マスコミが触れたがらない悪癖とは
週刊女性PRIME
http://news.livedoor.com/article/detail/10867624/

まずタイトルの「悪癖」という言葉から悪意を感じます。

「マスコミが決して触れたがらない、浅田真央の悪癖、ルッツの踏切違反だ」

フリップかルッツのどちらかにエラーがつく選手は他にもいます。なぜ他の選手の踏み切り違反はスルーで真央ちゃんばかり指摘されるんですか?

「中国杯を見た限りではフリーではもたもた感がありジャンプの流れが止まってしまい、失敗していたように映りましたね」(元フィギュアスケート日本代表の渡部絵美)

もたもたって何ですか?ジャンプミスしか見ていないんですか?フィギュア見るのやめたら?
フリーはミスもあったけど良いジャンプもあったし、ステップなど演技全体の動きは誰よりもきれいでした。ジャンプミスがあってもこれほど魅せられる選手は他にいません。

「2連続3回転ジャンプといえば、浅田真央のライバルだったキム・ヨナの代名詞。3Aに匹敵する大技である」

2連続3回転は他にも多くの選手が跳んでいます。世界でこれまで6人しか成功していない3Aに匹敵するとはいえないと思います。それにいつまで引退した選手の話題を持ち出すのか...忘れないでキャンペーンですか??

「(中国杯の)3Aはとってもよくなっているんだけど、ほかは休養前のレベルに戻っていないように見えます。フリーは“どうしちゃったの?”と、後ろから押してあげたくなってしまったほどでした。ルッツにしても、跳ぶ前にエッジがチェンジしちゃう悪い癖が抜けない。小さなころに身につけてしまうと、なかなか直らないものなんですよ。今回も変わっていなかったですね」(渡部氏)

渡部とかいう人は中国杯フリーしか見ていないのでしょうか。ジャパンオープンや、公式練習での良いジャンプは無視ですか?こんな老害に「休養前のレベルに戻っていない」などと言われる筋合いはないです。
真央ちゃんのルッツばかり指摘されますが、選手によってルッツが得意な選手、フリップが得意な選手がいますし、完全に正しいエッジで跳び分けられる選手は少ないのでは?ただ、他の選手に対しては判定基準が甘く認定されているだけで、真央ちゃんに対する厳しい判定基準を他の選手にも適用するなら、もっとエラーがつく選手は多くなると思います。
マスゴミが触れたがらないのは、選手ごとに異なる不公平な判定基準ではないですか?あと、真央ちゃんの3-3はセカンドジャンプがループで、他の選手が跳んでいる3-3のセカンドトゥループよりはるかに難易度が高いことも触れたがりませんね。





にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

腹立たしい記事

数日前に出ていた記事です。とても悪意のある記事だと思いました。

http://news.livedoor.com/article/detail/9664840/
(一部抜粋)
浅田真央 現役続行か引退かを迷わせる「キム・ヨナルール」

 一部では、浅田自身は引退したいのだが、"ドル箱"の引退を日本スケート連盟が認めず、引退したくてもできない状態だと報道された。しかし、浅田はスケ連に服従を強いられ搾取されるだけの弱い存在かといえばそうでもない。以前、浅田はシンボルアスリートに打診された際も一度は条件が悪いことを理由に断ったこともある。

 では、浅田は何を迷っているのか──。それは「ルール改定」の問題ではないだろうか。というのも、昨年4月29日に国際スケート連盟(ISU)からルール変更の内容を公表されたが、浅田が休養を発表したのはそれから1か月も経たない5月19日のこと。引退をほのめかしたかたちの休養宣言の裏側にルールの改定があるのではないかと見られるのは、このためだ。

 昨年決定した新たなルール変更は、すでにご存じの通り、ボーカル入りの曲の使用解禁や、名前をコールされてから演技開始までの持ち時間短縮などいくつかあるが、選手にとってもっとも影響が大きかったのは、「ジャンプの踏み切り違反の厳格化」だった。

 ジャンプのなかでも「ルッツ」と「フリップ」は、いずれも左足のエッジで踏み切り右足のつま先をついて跳ぶのだが、ルッツはアウトサイドのエッジ、フリップはインサイドのエッジで踏み切らなければならない。これがルッツなのにインサイドで、フリップなのにアウトサイドで踏み切っていると、エッジエラーとして「e判定」がつく。例を挙げれば、3回転ルッツの基礎点「6.0」が踏み切り違反の場合は「4.2」に減らされるのだ。

 とくにルッツはアクセルの次に難易度が高く、また得点も高いジャンプ。減点は大きな痛手となるが、浅田にはルッツジャンプの踏み切りに癖があり、試合でルッツを跳ぶ場合はほぼ毎回のように踏み切り違反(エラー)がついてきた。たとえば、ソチ五輪のフリーもそうだった。

 報道では「6種8トリプルの偉業を見事成功!」という見出しが踊り、 "伝説"の演技と大々的に讃えられたが、しかし、実際のソチでのフリーでは、トリプルルッツにエラー、トリプルフリップ+トリプルループの連続ジャンプの2つ目のループが回転不足、ダブルアクセル+トリプルトゥループの連続ジャンプの2つ目のトゥループも回転不足と判定されている。つまり、「6種8トリプル」でなく、「4種5トリプル」に成功したにすぎない。

 しかも、前述したように、ソチでたまたまエラーがついたわけではない。2007年にジャンプの踏み切りの厳格化の方向でルール改定されて以降、浅田はルッツを飛んでもエラーとなるか、あるいは踏み切りを意識しすぎるあまり2回転や1回転になってしまう事態が頻発。08年にはタラソワコーチのもとで矯正に取り組むが改善できず、ついにバンクーバー五輪に出場した09年シーズンでは、演技にルッツジャンプを入れるのをやめてしまった。さらにバンクーバー後はすべてのジャンプを見直すと宣言したが、佐藤信夫コーチはある程度の年齢になってからの矯正は全体のバランスを崩すため、矯正には否定的だったともいわれている。そうして結局、エラーを修正できないままソチ五輪に挑んだのだ。

 浅田につきまとう厳格化という足枷──。このためネット上では、昨年のルール改定を「真央つぶしのための新ルール」と見る向きがあり、他方で正式に引退を表明したにもかかわらず「キム・ヨナのためのルール」などと揶揄する声もあがった。

 しかし、新ルールは一概に「真央つぶし」とは言えない。そもそもルッツかフリップのどちらかがエラーになってしまう選手は少なくないし、07年にルールが厳格化された際も多くの選手が苦しんだ。キム・ヨナの場合もそれは例外でなく、現在、羽生のコーチを務めるブライアン・オーサーも、先日発売した著書『チーム・ブライアン』(講談社)でキム・ヨナのコーチ時代を振り返り、「(フリップで)たまにエッジで違反を取られていた」「気をつけて跳べば大丈夫ですが、実際に試合となると曖昧と判定されるケースがあった」「ヨナのトリプルフリップのエッジが正しいかどうかをメディアが噂し、それを映像にとって確かめ、全世界に報道することがわかっていました」などと記述。キム・ヨナもエッジの判定についてかなりナーバスになっていたことがわかる。

 また、これまでのルール変更では、浅田に有利な改定もあった。というのも、トリプルアクセルの基礎点は上がっているのだ。07年には7.5点だったのが、08年には8.2点、10年には8.5点と上がりつづけている。トリプルルッツは6.0点のままだったり、トリプルループが5.0から5.1に、トリプルトゥループが4.0から4.1という微増であることを考えると、トリプルアクセルの点数の上がり方は突出しているといえるだろう。

 女子でトリプルアクセルを試合に恒常的に入れているのは浅田だけなので、この恩恵を受けられるのは実質的に彼女だけ。10年の改定時にはISUの平松純子理事がトリプルアクセルの点数を上げることをずっと働きかけていたと語っているが、これは浅田を意識した行動だったはずだ。

 それでも、ルール改定のほかにも判定や採点システムを非難する声は大きい。それもこれも浅田がキム・ヨナに勝てなかったことからヒステリックな反応を引き起こしていると思われるが、前述のオーサーコーチは「新採点法になったことでスケートの採点法は改善したと私は思っています」と評価し、その理由を「旧ルールのように「技術点」「芸術点」だけではなく、ジャンプやスピン、滑りなど何十項目ものチェックがあり、それによって点数が決まるからです。国籍や出自と関係ない、とてもオープンな採点です」と述べる。また、荒川静香も著書『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』(朝日新書)で、「(よく「公平か」と質問されるが)ほとんどの場合、納得できるもの」と同じように新採点システムを評価している。

 ところが、日本のメディアやファンは、浅田が負けると「八百長だ」「不正だ」と騒ぎ立てる。ことキム・ヨナに対しては、嫌韓感情も相まって攻撃が激しかった。その無邪気なアイドル性で国民的人気を得た浅田は"日本の希望の星"となったが、そこに登場したライバルは韓国のキム・ヨナ。──中国や韓国が経済力をつける一方、不況の閉塞感に包まれていた日本では、浅田に対する期待とキム・ヨナに対する非難が過熱することになった。だが、そのようなキム・ヨナとの比較を抜きにしても、浅田の技術を冷静に批評してこなかったメディアの責任は大きい。それは、異常な「トリプリアクセル」信仰だ。

 これまでずっと、あたかもトリプルアクセルが成功しさえすれば勝てるかのように報道されてきたが、「ジャンプやスピン、滑りなど何十項目ものチェック」という採点方法を考えれば間違いであることがわかる。さらに、浅田の実情はトリプルアクセルの次に得点の高いトリプルルッツを跳べず、トリプルサルコウも苦手、3回転3回転の連続ジャンプは回転不足になってしまう......という状態。既報のとおり荒川静香も「一般的には浅田選手はジャンプ技術が持ち味で、ヨナは表現力で勝負していると思われがちですが、私から見るとむしろ逆なのです」と指摘している。にもかかわらず「難易度の高いプログラムにチャレンジする浅田」とメディアは称賛したが、実際は一か八かのトリプルアクセルに頼る以外に戦う術がなかっただけ。このような現状に目をつぶり、メディアはただ贔屓の引き倒しで過剰なプレッシャーを与えてきたのだ。
(本田コッペ)



酷い記事。この記事を「良記事」とtwitterで流していたらしいです。どこが良記事なのか?一方的に真央ちゃんを貶めている、偏った内容の記事だと思います。

真央ちゃんのソチフリーの演技を「4種5トリプルに成功したにすぎない」なんてよく言えますね。演技を見てないんでしょうか。試合を見ずに採点表だけを見てジャッジの判断を鵜呑みにしたような記事です。3F-3Loも2A-3Tも回っているのに回転不足判定にされただけで、実際にはきれいに跳んでいました。ソチ五輪に限らず、これまで何年も真央ちゃんは回りきったジャンプを回転不足とされてきました。

採点システムについて荒川静香やオーサーの発言を持ち出していますが、荒川静香はコロコロ発言が変わるし、オーサーは以前教え子がエッジエラーをとられた時に「このままやり過ごせない。公式抗議が難しいなら非公式ルートででも問題を提起したい」「ジャッジは不愉快、他の選手を減点しろ」などと最低な発言をするような人です。この人達の話なんて全く信用できないし、説得力がありません。

「難易度の高いプログラムにチャレンジとメディアが称賛」とありますが、真央ちゃんが一体いつ称賛されてきたのか。むしろ、散々メディアに貶められてきました。負ければ「トリプルアクセルにこだわりすぎ」、勝っても「相手がミスしたから」等々...

「一か八かのトリプルアクセルに頼る以外に戦う術がなかっただけ」なんて、あまりにも酷い誹謗中傷ですね。ソチ五輪より前のシーズンの試合を知らないのか?トリプルアクセルを跳ばずに優勝した試合が何度もあります。それでも真央ちゃんはトリプルアクセルを入れない時よりも入れて優勝した時の喜びのほうがずっと大きいんだと思います。

真央ちゃんはトリプルアクセル以外にも優れた技術を持っています。連続ジャンプのセカンドにループを跳べる数少ない選手の一人ですし、スピン、ステップでもほぼレベル4を揃え、スケーティングも滑らかです。
この記事のライターは真央ちゃんの優れた点には一切触れず、ネガティブなことばかり書き連ねていて腹が立ちます。「トリプルルッツを跳べず」──eがついても「跳べない」とはいうのはおかしいです。「トリプルサルコウが苦手」──誰にでも苦手なジャンプはあります。真央ちゃんは試合で何度も3Sを成功しています。「3回転3回転の連続ジャンプは回転不足」──実際には回転が足りていても回転不足と判定されています。

日本のメディアは「八百長だ、不正だ」なんて騒いでいなかったし、ファンが言っているのはエッジエラーや回転不足の判定、GOEの基準などが不公平だということです。真央ちゃんは毎回ルッツにeがつくけれど、他の選手ではエラーを見逃され加点がつく場合がある。回転不足判定も、厳しくとられる選手と見逃される選手がいる。真央ちゃんに対してはいつも判定が厳しく、回転が足りていても回転不足扱いにされてきました。
「浅田の技術を冷静に批評してこなかったメディアの責任は大きい」などと偉そうに書いていますが、問題なのは、ジャッジの判定の基準が平等ではないということと、味方であるはずの自国のメディアやスケ連がそれを指摘しないことだと思います。






にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

日刊ゲンダイの悪意ある記事

日刊ゲンダイの記事、最低ですね。

「いくらなんでも…」日中韓で議論白熱する浅田真央の激太り
14~15年シーズンの全試合出場を見送り、1年間競技生活の休養を発表した浅田真央(24)の“激太り”が中国と韓国で話題になっている。
(中略)
日本のネットユーザーは「好きな甘いものも食べて人生楽しんでるんだろ」とか「心労が一気に減ったんだろうな」と好意的。
 しかし、9月9日から放送されているストナの新CMで浅田の近影を見ると「いや、さすがにオバハン顔だろ」「いくらなんでも太りすぎ」と厳しい声に変わった。さらに「復帰する気があるのだろうか」と心配する声も上がっている。



日刊ゲンダイの記事はいつも真央ちゃんを貶めるような記事ばかり、という印象で、大嫌いです。
どこが激太りなんでしょうか。
私には、真央ちゃんが太っているようにはみえません。

大体、太ろうが痩せようが人の勝手だと思う。
他人に迷惑をかけるわけでもないのに。

太りすぎとか言っているのは一部のアンチだけでしょう。
ほとんどの人は、真央ちゃんを温かく見守っていると思います。

このようなネガティブな印象操作は許せません。
今まで長い間アスリートとして努力を続けてきた選手に対して、なぜこんなひどい記事が書けるのでしょうか。




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

プロフィール

Author:pipi-piyo
フィギュアスケートの浅田真央選手を応援しています。
スケート等のニュースの他、旅行写真も紹介予定です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR